小松空港を拠点として家族旅行するためにJALマイルを貯めてみる


メインで貯めているポイントはANAマイレージクラブ(AMC)のANAマイルでしたが、今年は家族旅行を実現するためにJALマイレージバンク(JMB)のJALマイルをメインに貯めてみようかと考えています。この考えに至った経緯と今後の貯め方について整理しました。

スポンサーリンク
広告 336×280

JAL/キャセイの小松空港発着のフライトが魅力的

昨年4月に大阪から金沢に転居したため、自宅から一番近い空港は関西国際空港から小松空港になりました。小松空港はそもそものフライトが少なすぎます。以下、小松空港の就航都市ですが、国際線は4都市しかなく、台湾はかろうじてスターアライアンス系のエバー航空ですが、それ以外はJALの共同運行便、もしくはワンワールド系のキャセイパシフィック航空になります。

国内線

  • 羽田:JAL、ANA
  • 成田:ANA
  • 札幌:ANA
  • 仙台:ANA
  • 福岡:ANA
  • 那覇:JAL

国際線

  • ソウル:KAL/JAL
  • 上海:CES/JAL
  • 台北:EVA/ANA、TTW
  • 香港:CX(※2019/04/03〜)

魅力的なのはJALで行ける那覇と、JALと同じワンワールド系のキャセイパシフィック航空で行ける香港になります。そうなると、マイルを使って家族旅行を実現するために貯めるべきはANAマイルではなくJALマイルになってしまいます
ちなみに、成田や羽田を経由すればどこでも行ける、というのもその通りですが、子供を連れての旅行の場合、フライト時間やトランジットの時間を極力短くしたいので直行便で行けるところが優先されます(本当はグアムやハワイに行きたいですが、経由必須のため候補から外しました)。

JALマイルを貯めるためにやること

次に、JALマイルを貯めるためにやることリスト(やったことも含む)です。他にもありそうですがとりあえず列挙します。

JALカードショッピングマイル・プレミアムに入会する

私が保有しているカードはJALカード TOKYU POINT ClubQのCLUB-Aカードですので、マイル還元率は0.5%(200円=1マイル)しかありません。ここに年会費3,240円(税込)を追加で支払うことでマイル還元率が2倍(200円=2マイル)になります
クレジットカードの年会費10,800円(税込)に加えて3,240円(税込)が必要というのがネックに感じて今まで入会していなかったのですが、JALマイルを貯めると決めたからには積極的に投資します。

JALカード特約店で買い物をする

JALカード特約店でJALカードを利用するとマイル還元率が2倍になるため、しばらくはJALカード特約店での買い物を優先します。また、上記のJALカードショッピングマイル・プレミアムに入会しているとさらにマイル還元率が2倍となり、2%(100円=2マイル)という高還元率を得られます。

日常的に利用するお店でいうと、ファミリーマートやマツモトキヨシ、ENEOSをはじめとしたJXTGエネルギーのガソリンスタンドになります。これらのお店で利用するクレジットカードをJALカードに変えるだけでJALマイルが溜まりやすくなります。

限度額までWAONチャージしてWAONを使う

私の保有しているJALカード TOKYU POINT ClubQはWAONチャージでマイルが溜まりますので、とりあえず限度額までWAONチャージしてマイルを貯めるということもできます。ちなみに、近くにWAONを使うお店がない方はWAONチャージした後に困ると思いますのでオススメしません。私は近くにイオンが複数あるので大丈夫です。

貯めたマイルでまずは那覇か?

当面の目標はJALマイルを使って那覇に行くことです。現在保有しているマイル数や貯まっている状況はまた後ほど紹介したいと思います。一定のマイルが貯まるまでお待ちください。

fujitaka

スポンサーリンク
広告 336×280