ファーストキャビンのプレミアムクラスキャビンが個人的にコスパ最高のホテル


これまでいろいろなホテルに泊まったことがありますが、個人的に「寝れればいいけどカプセルは狭いのでなんとかしたい」というニーズに答えてくれているファーストキャビンは結構利用しています。しかしファーストキャビンもいわゆる簡易宿所なので、深夜や早朝は周りの音が気になることもあります。
今回利用したファーストキャビンのプレミアムクラスキャビンはそのデメリットもない、コスパ最高のホテルだと思います。今回はその紹介です。

スポンサーリンク
広告 336×280

ファーストキャビンステーションあべの荘

宿泊したのは2017年にオープンした、大阪天王寺にあるファーストキャビンステーションあべの荘です。これまでのファーストキャビンとは異なり、JR西日本と共同で設立したJR西日本ファーストキャビンが運用しているそうです。


プレミアムクラスキャビン

プレミアムクラスキャビンはファーストキャビンステーションあべの荘は3階にあります。3階の部屋は全てプレミアムクラスキャビン。ビジネスクラスキャビンの方とはフロアが異なるので人もほとんどいません。
そしてこちらがそのプレミアムクラスキャビンの部屋。こちらはシングルです。わかりやすくいうと一般的なホテルの部屋からユニットバスを取り除いた部屋と思ってもらえればよいです。ですので部屋はベッドとデスクというシンプルな構成。シンプルだからこそ広く感じます。

トイレや風呂は共同です。トイレはフロアに1箇所ですがプレミアムキャビンの方しか利用しないので混雑することがないです(宿泊時は誰とも遭遇しなかったです)。大浴場は1階、こちらはビジネスクラスキャビンやファーストクラスキャビンの方とも共同です。
アメニティは他のキャビンと同じですね。部屋着や歯ブラシ、タオルは標準ですので、急な宿泊でも問題ないです。

終わりに

ファーストキャビンのプレムアムクラスキャビンは

  • 基本、寝るだけだから宿泊費を抑えたい
  • トイレやシャワーは共同でもよい
  • だけど周囲の音は気になるから個室がよい
  • よくを言えば大浴場が欲しい

といった、個人的なニッチなニーズに応えてくれるホテルです。とことん安くしたいならカプセルホテルでしょうし、プライバシーを気にするならビジネスホテルでしょう。しかしファーストキャビンのプレミアムクラスキャビンはそのすき間を絶妙に突いたホテルだと思います。
プレミアムクラスキャビンは今後も増えていくそうですので、新しいファーストキャビンに期待したいです。

fujitaka

スポンサーリンク
広告 336×280