iPhone構成ユーティリティで構成プロファイルをiPhoneに流し込んでAPN設定する

MVNOユーザーなら是非知っておきたい!
MVNOを利用している人であれば何度か煩わしい体験をしたことがあるのがAPN設定だと思います。APN設定が入っていないとデータ通信することができないので入力が必須なのですが、今回iPhone 6に機種変更した際にAPN設定ができず戸惑い、最終的にiPhone 構成ユーティリティで解決しました。同じような人がいるかもしれないので残しておきます。

スポンサーリンク
広告 336×280

iPhone 構成ユーティリティに至る経緯

iPhone 6? iOS8?とにかくAPN設定できない

iPhone 6にIIJmioのSIMを入れて使い始めた矢先、なんだか通信できないなーと思っていたらAPN設定が入っていないことに気付きました。そこでいつものAPN設定をしようとするのですが、設定画面が出てこないわけです。いつもAPN設定は「設定」→「モバイル通信」でAPNを入力する画面があったはずなのですが、なぜか表示されません・・・。iPhone 6の仕様なのかiOS8の仕様なのかはちょっとわかりませんでした。

Wi-Fiもつなげられない

次に考えたのがWi-Fi経由でAPN構成プロファイルをダウンロードするアイディア。IIJmioはiOS APN構成プロファイルを公開しているのでそれをiPhoneのSafariからダウンロード&インストールでうまくいくはずです。

iOS APN構成プロファイル

が、気付いた時には既に外出していて、iPhone 6をすぐにWi-Fiにもつなげることができず・・・。

iPhone構成ユーティリティならオフラインのiPhoneに設定できる

あきらめかけていたところで見つけたのが、Appleが公開しているiPhone 構成ユーティリティです(ちなみにこの時、有線LAN環境はありました)。このソフトをMacなりWindowsにインストールして自分でAPNを作成し、Lightningケーブルで接続したiPhoneに構成プロファイルを流し込むことができれば、モバイルデータ通信ができます。今回はこれを使ってiPhone 6にAPN設定しました。

iPhone 構成ユーティリティ 3.5 – Mac OS X

iPhone 構成ユーティリティ 3.6.2 – Windows システム用

iPhone 構成ユーティリティの使い方

こちらがiPhone 構成ユーティリティ画面です。iTunesっぽいデザインになっています。さっそくAPN構成プロファイルを作成します。
iPhoneConfigUtil1

構成プロファイルを作成する

左側の「構成プロファイル」を開き、右上の「新規」で新しいプロファイルを作成します。内側のメニューから「APN」を選び、APN設定を入力しましょう。ここで入力するのはいつものAPN、ユーザー名、パスワードですね。
iPhoneConfigUtil2

構成プロファイルをiPhone 6に設定する

こんどは左側の「デバイス」から設定したいiPhoneを選択します、右側のタブから「構成プロファイル」タブを開き、作成した構成プロファイルをインストールをします。そうするとiPhone側でインストールするかどうかのダイアログが表示されますので、インストールすれば完了。
iPhoneConfigUtil3

iPhone 6でモバイルデータ通信ができた

インストールが完了し、正常にモバイルデータ通信ができることを確認できました。MVNOユーザーであればこの方法を覚えておいて損ではないです。むしろ知らないと困る可能性の方が高いです。
私と同じ境遇になった人は是非試してください。

fujitaka

スポンサーリンク
広告 336×280