スマートメーターに取り替えて1時間単位の電気使用量を確認する(関西電力の場合)

miruden
自宅の電力メーターをスマートメーターに取り替えてもらいました。スマートメーターに取り替えてもらうことで、関西電力のはぴeみる電(電気ご使用量のお知らせ照会サービス)で電気使用量を1時間単位で確認することができます。本記事では具体的に実施したことをまとめておきます。

目次

  • 従来のメーターだと1ヶ月毎の電気使用量しか確認できない
  • Bルートサービスに申し込めばスマートメーターに取り替えてもらえる
  • 関西電力のBルートサービスを申込み
  • 1時間毎の電気使用量が閲覧可能に
スポンサーリンク
広告 336×280

従来のメーターだと1ヶ月毎の電気使用量しか確認できない

自宅の電気は関西電力と契約しているわけですが、関西電力のはぴeみる電に申し込むと、インターネット上で電気代や電気使用量を確認することができます。ここで、自宅の電力メーターがスマートメーターかそうでないかによって、受けられるサービスに差が出ます。

  • 従来のメーター:1ヶ月毎の電気代・使用量を閲覧できる
  • スマートメーター:1ヶ月毎に加え、日毎、1時間毎の電気代・使用量を閲覧できる

残念ながら自宅はスマートメーターではなかったため、1ヶ月毎の電気代・使用料しか閲覧できませんでした。そこで、同じ電気代を支払っているのにこのサービスの差は許せない!ということで、スマートメーターに取り替えてもらう方法を探しました。

Bルートサービスに申し込めばスマートメーターに取り替えてもらえる

スマートメーターに取り替えてもらうにはどうすればよいか?関西電力のスマートメーターに関するFAQを見てみます。

Q. スマートメーターは希望をすれば取替えてもらえるのですか?
新築等における新たな電気のご使用や電力メーター情報発信サービスをお申込みされる場合はスマートメーターへ取替えさせていただきます。それ以外のお客さまにつきましては、基本的に従来メーターの検定有効期間満了の定期的な取替えに合わせて順次取替えを実施しております。

つまり、基本は関西電力の定期的な取替えを待て!ということです。しかしながら、電力メーター情報発信サービス(いわゆるBルートサービス)に申し込めば取り替えてくれるようです。

関西電力のBルートサービスを申込み

Bルートサービスとは、スマートメーターと建物内のHEMS等との通信を可能にするためのサービスです。Bルートサービスは無料なので、早速申し込むことにしました。
Bルートサービスへの申し込みはアナログな郵送による申し込みです。下記のページから申込書をダウンロード&印刷して、近所の営業所に郵送します。申込書には購入済み(設置予定)HEMSを記載する項目がありますが、「WSR35A1-00」を書いておけばよいでしょう(実際に買う必要はないです)。


私の場合、郵送して数日後に営業所から電話があり、利用開始希望日の確認がありました(時期はいつでもよかったので空白で出したため)。その後、メーター工事(立ち会い不要)、認証ID・パスワード送付という流れでした。

1時間毎の電気使用量が閲覧可能に

スマートメーターに取り替えられたことで、はぴeみる電の表示も変わりました。トップページから「電気代・使用量をグラフでみる」を選ぶと「1時間ごと」というタブが表示され、特定の1日の電気ご使用量を1時間単位で閲覧できるようになっています。

miruden

はぴeみる電もBルートサービスも無料ですので、ただ漫然と電気代を支払うのではなく、1時間単位の電気使用量を確認できるようにしておくと、いいことがあるかもしれません・・・。
尚、上記の情報は関西電力(はぴeみる電)の場合です。スマートメーターは本来30分単位で電気使用量を取得しているはずですので、他の電力会社によってはサービス仕様が異なる可能性があります。

fujitaka

スポンサーリンク
広告 336×280