フラットベッドスキャナーEPSON GT-X820でフィルムとアナログ写真のデジタル化に挑戦

GT-X820
実家にアナログ写真(昔のフィルムで撮影した銀塩写真)とそのフィルムが出てきたので、思い切ってデジタル化に挑戦することにした。今やらないと一生やらなそうなので・・・。購入するスキャナーを検討した結果、EPSON GT-X820を購入した。

スポンサーリンク
広告 336×280

スキャナの要求条件

スキャナを準備するにあたって、以下のような3つの要求条件を設定した。

  1. 高解像度(1200dpi以上)でスキャンできること
  2. スキャンスピードが速いこと
  3. 35mmフィルムをスキャンできること

要求条件1は、写真のデジタル化にあたっては最優先した項目。600dpiだと画質が荒いというイメージがあったので1200dpi以上を目標にした。
要求条件2は、写真が大量にあるのでスピードを重要視した。高画質でもスキャンに時間がかかりすぎると非効率。
そして、要求条件3は写真だけでなくフィルムもあるので設定した。フィルムスキャンと銀塩写真のスキャンではどちらが高画質なのかは実際にやってみないとわからないので、できればフィルムもスキャンできた方がいい。

検討したスキャナー達

これらの要求条件に対して検討したスキャナーの候補がこちら。特定機種というよりもスキャナーのタイプ別に検討した。

  • フラットベッドスキャナー(EPSON GT-X820)
  • 複合機(EPSON EP-806A)
  • ドキュメントスキャナー(ScanSnap X1500i)
  • 非解体ドキュメントスキャナー(ScanSnap SV600)

結論は、既にわかっているようにフラットベッドスキャナーを選んだわけだが、それ以外が候補から外れた理由を挙げておく。
まず、解像度でドキュメントスキャナーと非解体ドキュメントスキャナーは候補から外れた。特に非解体ドキュメントスキャナーのScanSnap SV600はそのスキャン方式から保存版としての画質にはなりえなかった。ドキュメントスキャナーも解像度がイマイチというのに加えて、紙送り時に写真が傷つく恐れを感じたので断念した。
そうなると残りはフラットベッドスキャナーと複合機だが、フラットベッドスキャナーはさすがスキャナ専用機だけあって、スキャンスピードも速いし、フィルムのスキャンもできるということで、フラットベッドスキャナーを選択。フラットベッドスキャナーはここ最近新機種が出ていないが、コストパフォーマンスを考えた結果、EPSON GT-X820にした。

実際に使ってみて

正直、まだ最適なスキャナ設定を探すために試行錯誤している段階だが、今のところ気づいた点をいくつか。

ベストな設定がなかなか見つからない

35mmフィルムのスキャンを試しているところだが、解像度を2400dpiに設定してスキャンすると、大きさは約3000×2000、ファイルサイズは1MB前後のJPEGファイルになる。画質は若干ぼけているかなーという感じがしなくもないが、おおむね満足する画質になっている。写真がぼけているのは元画像がぼけている可能性もあるし、設定でいろいろ補正しているのでぼけてしまっているかもしれないので、まだまだ調整が必要。
実際にスキャンしてみた画像がこちら。もうちょっとなんとかしたい・・・。
scan-photp-edited

スキャンは思ったほど速くない

最近ドキュメントスキャナーを使っていたため、フラットベッドスキャナーのスキャン速度が遅いように感じた。一例だが、2400dpiでフィルム1本(写真6枚分)のスキャンに7分以上かかった(ただ設定によって時間が大きく異なる)。実際は解像度が全然違うので仕方がないかもしれないが、それでもフィルムがたくさんあることを考慮すると時間がかかるなーという印象。

ブロアー/エアーダスターは必須

ホコリが入った状態でスキャンすると、せっかくのデジタル写真にノイズが入ってしまう。最初は気にならないかなーと思っていたが、後から見ると結構ノイズが目立ち、写真をノイズ補正をしたくなる。最初からフィルムや写真に対してブロアーやエアーダスターでホコリを除去しておくと、後工程が楽になりそう。

引き続きデジタル化に挑戦

ということで、これからアナログ写真のデジタル化に尽力する。アナログデータのデジタル化は、最初に手間がかかるものの、その後は非常に便利になる。これまでカセットテープやMD、書類のデジタル化は実現できたので、アナログ写真のデジタル化も実現したい。

fujitaka

スポンサーリンク
広告 336×280

コメント

  1. 徳田昭雄 より:

    八十四歳急に昔のフィルムのデジタル化を思い付き調べているうちにあなたの挑戦を知りました。この頃はフィルムのスキャン機器は少ないようでこのGT-X820も発売当時より6年過ぎるのに値上がりして在庫もなく後継機の発売も期待できそうになく今が買い時かなと在庫無し注文受け付けで申し込みました。
    フイルムは36枚撮り平成10年にデジカメ購入まで約700本気の遠くなるような気がして余生なんてわかりませんが挑戦してみます。
    ありがとうございました。

    • fujitaka より:

      アクセスありがとうございます!
      ちょっと気が遠くなりそうな量ですが、慣れればサクサクできますので是非挑戦してみてください。
      複合機も使ってみましたがGT-X820のスキャン速度は速い方だと思います。
      また、経験則ですが、スキャン時の補正処理が結構時間を要しているみたいですので、機能をオフにしておくといいと思います。

  2. 徳田昭雄 より:

    納入まで2か月ほどかかるそうです。
    わかりませんが受注生産なのでしょうか。
    それまでいろいろ準備しておこうと考えています。昭和20年代のフィルムにはカビがきています30年代になると少しですがカラーは黄ばんでいます。
    ブロニーなどモノクロフィルムは割としっかりしています。
    カビ取りに「HCL FILMクリナー」とやらを購入しましたがなかなか綺麗になりません。まあ1日5本処理して半年はかかるのですが暇なのでボケ防止にはなるかと楽しみにしております。
    これからもよろしくお願いいたします。