2020年3月末のポートフォリオを公開


新型コロナウイルスの影響でかなり資産が変化していたので、2020年3月末の自分自身のポートフォリオを公開します。

2020年3月末のポートフォリオ

2020年3月末時点と言いながら、週末に集計したので2020年4月3日時点のポートフォリオ(一部の株価は2020年4月2日時点)を公開します。いくつか条件があるので列挙しておきます。

  • 確定拠出年金は事業主負担と加入者負担(マッチング拠出)の両方を含める
  • 米ドル資産は$1=108円で計算

主な銘柄

日本株式

  • TOPIX連動型投信
  • スタジオアリス
  • ビックカメラ
  • J.フロントリテイリング
  • パーク24
  • 西松屋チェーン
  • バンダイナムコホールディングス
  • イオン
  • 日本航空
  • ANA HD
  • GMOインターネット
  • 北陸電力
  • タカラトミー
  • SUBARU

先進国株式

  • VT(Vanguard Total World Stock)
  • AMZN(Amazon.com, Inc.)
  • GOOGL(Alphabet Inc Class A)
  • TSLA(Tesla Inc)
  • NVDA(NVIDIA Corporation)
  • SMT グローバル株式インデックス・オープン
  • eMAXIS 先進国株式インデックス
  • ステート・ストリート 外国株式インデックス
  • みずほ信託銀行 外国株式インデックスファンド

新興国株式

  • eMAXIS 新興国株式インデックス

先進国債券

  • SMT グローバル債券インデックス・オープン
  • 年金積立インデックスF海外債券ヘッジなし
  • ニッセイ外国債券インデックス

前回公開してから約2年になりますが、株式:債権=8:2となっており、相対的に債権の割合が大きくなっています。また、日本株式の割合は47.3%から35.7%と割合が減少している一方、外国株式は35.2%から41.0%と増加しています。
ここ2年間は機械的に先進国株式(みずほ信託銀行 外国株式インデックスファンド)と先進国債権(ニッセイ外国債券インデックス)の投資信託をおよそ1:1の比率で毎月購入しているのみです。
よって、今回のポートフォリオからは新型コロナウイルスの影響は確認できず、投資方針にへ影響しないことがわかりました。もちろん、全体の資産額は大きく減少していますが…。

2020年の投資方針

株価が大きく下がり、世界が終わるかのように騒いでいる人もいます。しかしどんな時も株価は元に戻ります。リーマンショックの時も、東日本大震災の時も、株価は誰もが驚くほど下落しますが、ちゃんと元に戻り、それ以上に上昇しました。今回もそうなると信じて待とうと思います…。

fujitaka

コメント

タイトルとURLをコピーしました