MacBook Pro 15インチ(early 2011)の画面が乱れる リコールになるまでgfxCardStatusで対処

MacBook Pro display distortion
いきなりで焦った・・・。
上の画像は決してモザイクをかけているわけでなく、表示されているそのままの画像です。特定の機種、MacBook Pro(early 2011)で画面が乱れる事象が発生するらしく、同じ境遇の人が結構いるみたい。結構報告が多いけど、Appleからのリコールはないようです・・・。
ただ、おおよその原因が判明しているので、対処方法を紹介しておきます。同じ事象が起こっている人が必ずしもこの方法で再発防止できるとは限らないけど、少なくとも自分の場合はこの対処をしてから事象が起こっていないので参考にはなるかと。

スポンサーリンク
広告 336×280

原因はGPU?

事象が発生した後で類似の人がいないかを探してみると、事象が起こっている人をAppleサポートコミュニティで見つけることができました。

ディスプレイ表示が乱れる。(MacBook Pro early 2011): Apple サポートコミュニティ

いくつかの報告によると、

その後いろいろ試した中で解ったのは、AMD6750Mビデオカードを使用した時に問題が発生するという事でした。

GPU切り替えをしているEFIのスイッチングがオカシイのかもしれません。(動画見ようとすると発症したりしてましたし。)

等といった、グラフィックス関連が原因ということらしいです。対象のMacBook Proは状況に応じてCPU内蔵のグラフィックスとAMDのグラフィックスを自動切替する機能があり、切替機能もしくはAMDのGPUに問題がありそう。

gfxCardStatusでCPU内蔵グラフィックスに固定

本格的な対処は修理しかなさそうですが、リコールになる可能性もあるのでしばらくは暫定対処することにしました。Appleサポートコミュニティで紹介されていた、gfxCardStatusを利用。

gfxCardStatus by cody krieger

このソフトウェアを用いて、グラフィックスをIntegrated Onlyにしておけば、グラフィックスがAMDに切り替わらない。このソフトウェアを導入して24時間経過しているが、この記事を書いている現在も発生していないので大丈夫そう。しばらくはこれで対処できそうだが、しっかりをバックアップはとっておくことにします。

それにしても、AMD(旧Radeon)はやっぱり信用できない・・・。

fujitaka

スポンサーリンク
広告 336×280