WordPress上にiOS/Androidアプリへのリンクを作成する方法と注意点

App Link
ブログでiOSアプリやAndroidアプリを紹介する時、Apple/Googleの公式リンクを貼りたい時に試行錯誤したのでその備忘録。今回はiPhone/AndroidアプリのMUJI Passportのリンクを作成する・・・。

スポンサーリンク
広告 336×280

iOSアプリはLink Makerがシンプル

Appleが公式に提供しているITMS Link Makerはアプリを紹介するのに最も簡単なツール。公式に提供しているものだからデザインが変わっても使い続けられる(はず)。

ITMS Link Maker

検索窓にキーワードを入れて検索すると該当するアプリが表示される。対象のアプリがあれば右側のリンクをクリックする。
ITMSLinkMaker1

すると、リンクの表示方法を選択する画面が表示される。ここでは「大きいアイコン」を選ぶ。後はHTMLをコピーすればリンク作成完了!簡単!
ITMSLinkMaker2
ここで注意点。Wordpressの編集をアプリではなくWEBのダッシュボードで編集している人はコピーしたリンクをWordpressの投稿画面にペーストした後、ビジュアルエディタに切り替えるとリンクが消える。知っている人は知っているのかもしれないが、初めての人は必ず戸惑うはず。

ちなみに作成したリンクはこちら。

AndroidアプリはGoogle Play Badgesを活用

AndroidアプリはGoogleが開発者向けに提供しているGoogle Play Badgesを利用する。

Google Play Badges

ここでちょっと面倒なのが、リンク作成にはアプリのパッケージ名が必要となり、事前にキーワードから対象アプリのパッケージ名を調べておく必要がある。パッケージ名を入力した後、「Build my badge」を押すとリンク作成完了。
GooglePlayBadges

パッケージ名を調べるにはGoogle Play上で検索し、対象アプリのURL「https://play.google.com/store/apps/details?id=〜」の「id=」以下をコピーするか、サードパティーのパッケージ名検索を利用しなければならない。

androidアプリケーションパッケージ名検索

iOSアプリの場合と1個手順が増えるものの、作成したリンクは非常に似ている。

Get it on Google Play

iOS/Androidアプリを両方紹介するならこれがベスト?

iOSアプリやAndroidアプリを紹介するブックマークレットは多数あるが、両方のアプリを並べて紹介できるブックマークレットは調べた限り見つからない。それに対して、今回紹介した作成方法によるリンクは並べてもしっくりくる。ほら、こんな感じ・・・。

MUJI Passport
 Get it on Google Play

本当はアプリのアイコンがあった方が見た目はいいけど、シンプルに行くならこれかなー。

fujitaka

スポンサーリンク
広告 336×280

コメント

  1. […] 以前のGoogle Play badgeから現在の形になったのが2016/4/30からのようなのですが(OREFOLDERさんのブログより)、それまではサイズなどをiOSと同様に選択できたようです(fujitaka.netさんのブログより)。 […]