格安だけどしっかり掃除してくれるロボット掃除機 Eufy RoboVac 11


家事の効率化・省力化のためにロボット掃除機がずっと欲しいなーと思っていました。ロボット掃除機と言えばルンバ(Roomba)ですが、価格が5万円以上と高価です。初めての購入ということもあり、すぐに使わなくなるかもしれないロボット掃除機にそこまで出せません。
そこで手軽にロボット掃除機を試したい…ということで、Ankerの家電ブランドであるEufyRoboVac 11を購入しました。もともと22,800と安いのに、セール中のため30%OFFの15,960円でした(現在はセール終了)。

スポンサーリンク
広告 336×280

目次

  • 開封、設置
  • 自宅でのRoboVac 11の使い方
  • RoboVac 11の使い勝手
  • ロボット掃除機を意識した片付け
  • 終わりに

開封、設置

初ロボット掃除機です。梱包はシンプル。持ち帰りできるサイズ感ですね。



設置の際、充電ステーションとその半径1mに障害物がないようにする必要があります。狭い部屋だとこれに苦労するはず。加えて、子供部屋だと子供にも注意する必要があります…。

自宅でのRoboVac 11の使い方

RoboVac 11は外出する直前に自動掃除開始、帰宅時には掃除が終わっている、という使い方をしています。
当初、RoboVac 11には早朝にタイマーで掃除をしてもらう、ということを考えていました。洗濯について、私は起床時に洗濯が終わるように洗濯機の予約タイマーをセットしており、掃除も洗濯と同じようなフローでできることを期待していました。
ところが、機能的には予約タイマーはあるので可能ですが、RoboVac 11は壁にガシガシぶつかって掃除するので、早朝は気になって仕方がないです。そのため、早朝の自動掃除は断念しました。現在は外出時に自動掃除をするようにしています。

RoboVac 11の使い勝手

肝心の掃除機能ですが、ロボット掃除機のおかげで毎日の掃除の手間が劇的に改善されています。掃除は騒音が大きいので深夜にするのは難しく、やるなら朝から夕方の間にしかできません。これまでは適当に掃除機をかけるくらいしか手がありませんでした。
しかしながら、ロボット掃除機があれば全体の8割くらいはこれに任せることができます。ロボット掃除機が入りにくい部分だけ、コードレス掃除機で仕上げをするだけです。
自動掃除にかかる時間ですが、1回の測定ですが、16畳を約90分で掃除してくれます。簡単な外出の間に終わってくれます。

ロボット掃除機を意識した片付け

ロボット掃除機を導入した結果、部屋の片付けもロボット掃除機を意識した片付けに変わりました。少しでも掃除しやすいように、床の障害物を極力減らすようにしています。具体的には以下の事項を意識しています。

  • モノをできる限り床に直置きしない(家具覗く)
  • 外出時は椅子を机の上に上げる
  • 外出時は移動できる家具を廊下に移動する

こうしたことをしておくと、よりしっかりと掃除してもらえます(しなくても障害物を避けて掃除してくれますが)。

終わりに

初のロボット掃除機Eufy RoboVac 11の購入レビューでした。15,960円で部屋の清潔感を維持でき、しかも時間を効率的に使うことができるロボット掃除機は生活の質を高める上で貢献度の高い家電かと思います。より効果はルンバだと掃除の時間が短縮されたり、スマートフォンによる操作もできるようですが、「まずはロボット掃除機を試したい」という位置付けであればEufy RoboVac 11は十分すぎる出来だと思います。

fujitaka

スポンサーリンク
広告 336×280