自宅のルーターやケーブルを収納ボックスですっきり

100-DESK066M_MX
自宅に固定回線を引いていると、ルーターをはじめとした電子機器が床置きされているかと思います。また、電子機器には電源等のケーブル類もあり、配線が整理されていないと部屋が煩雑に見えてしまいます。
今回、ルーター類を整理しようと思い立ち、雑多に置かれている機器をルーター収納とコードクリップでまとめ、部屋をすっきりさせることにしました。

目次

  • 片付けたいモノ
  • 購入したモノ
  • 実際に収納してみた
  • ケーブルも見栄えはそこそこ
  • 終わりに
スポンサーリンク
広告 336×280

片付けたいモノ

一般的な家の場合、ルーター1台だけ収納できればよいと思いますが、私の場合、いろいろと電子機器があり、収納するにはそれなりの大きさが必要でした。下記、具体的に整理したいモノの一覧です。

  • VDSLモデム
  • 無線LANルーター
  • NAS
  • ATA(アナログ・テレフォン・アダプター)
  • 固定電話親機

特にNASとして利用しているものはHP ProLiant MicroServerなので結構な大きさになります。収納ボックスの選定にあたっては、このNASが収納できることがポイントでした。

購入したモノ

今回購入したのは、サンワサプライの100-DESK066Wという電源タップ&ルーター収納電話台です。上部に電話を置くことができるので電話台という表現が適切かもしれません。また、ケーブルを壁にそって敷設する必要があったので、コードクリップも合わせて購入しました。

実際に収納してみた

で、実際に収納した結果がこちら。棚板を入れて上段と下段に分けることもできるのですが、そうするとNASが収納できなくなってしまうため、棚板は外しています。少し詰め込み過ぎな感じも否めませんが、収納したいと思っていたモノは全て収めることができました。後はフタをするだけ。

arrange-routes

フタをした状態がこちら。外から見るとすっきりしています。写真からは見えませんが、左右には空気穴がありますので熱がこもることもありません。

arrange-routers2

ケーブルも見栄えはそこそこ

続いてコードクリップ。自宅はVDSL方式なので、電話用のケーブルを配線するために使用しました。ケーブルが床にあると掃除しにくく、ホコリが溜まりやすいという問題がありました。コードクリップのおかげでケーブルが壁に付けられるため、掃除も快適にできそうです。

cable1

終わりに

ルーター収納やコードクリップは、雑多なモノを隠したり整えたりするのに非常に有効だと思います。
収納関連でいうと、キッチンやトイレ等についてはよく紹介されていますが、ルーター収納はあまりないので、本記事を参考にしてもらえればと思います。

fujitaka

スポンサーリンク
広告 336×280