ソニー銀行のVisaデビット付きキャッシュカード Sony Bank WALLETがオシャレ

sonybankwallet
ソニー銀行がVisaデビット付きキャッシュカードSony Bank WALLETを発表しました。Sony Bank WALLETはVisaデビットとして利用できるだけでなく、ソニー銀行の外貨預金と組み合わせることができ、なかなか画期的です。使いこなせるかどうかはわからないですが、とりあえず手持ちのキャッシュカードをSony Bank WALLETに切り替え申し込みをしました。

http://moneykit.net/visitor/sbw/

スポンサーリンク
広告 336×280

Sony Bank WALLETのメリット

Sony Bank WALLETの最大の特徴は11通貨の外貨預金口座を利用してショッピングできる点です。例えば、ソニー銀行で米ドル預金をしている状態で、米ドルでショッピングをすると米ドル預金口座から直接支払いが行われます。通常、日本のクレジットカードを利用して米ドルでショッピングをすると、1.60%〜1.63%程度手数料を支払う必要があるのですが、Sony Bank WALLETの場合、海外ショッピング手数料が無料となります。
また、同じように外貨預金口座を利用して海外ATMで現地通貨を出金することができます。海外旅行等で外国にいる際、常にまとまった現金を持ち歩くのではなく、必要に応じて海外ATMで現地通貨を出金した方がリスクが小さくてオススメです。海外旅行に行く人にとってはオススメかもしれません。

外貨預金を使いこなせるか?

ソニー銀行で外貨預金をしている人にとってはかなり便利になるサービスと言えます。逆に言うと、これまで外貨預金をしていない人がこのためだけに外貨預金をすべきかどうかについては疑問があります。外貨預金は為替変動リスクがあるので、海外ショッピング手数料を節約するためだけに外貨預金をするのではなく、外貨預金をメインにしつつ、ちょっとした便利機能としてSony Bank WALLETを使えばよいかと。
この点については私もまだ分析できているわけではないので、他のクレジットカードの場合と比較して再度評価したいと思います。

外貨預金をしない人にとってのメリット

ここまで読んでいるとSony Bank WALLETは必要ないのでは?と思うかもしれません。しかしながら、外貨預金をしない人にとっても、Sony Bank WALLETを持つメリットはあります。1つは他行宛て振込手数料の無料回数が1回分増えて合計2回になること、もう1つはオシャレな券面のカードになることです。
キャッシュカードの切り替え手数料は無料ですし、上記についてメリットを感じるなら切り替えをオススメしたいです。

fujitaka

スポンサーリンク
広告 336×280