iPhone 6/6 PlusのVoLTE対応でIIJmioのデータ通信専用SIMでもアンテナピクトが(だいたい)表示されるようになる

iPhone 6/6 Plusユーザーかつデータ通信専用SIMユーザー限定の話ですが・・・、iOS 8.3はMVNOを利用している人にとってちょっとした改善が含まれたアップデートです。私はMVNOのIIJmioを利用してiPhone 6を利用しているのですが、iOS 8.3はVoLTE(Voice over LTE)に対応したことにより、「LTEサービスエリア内であれば」データ通信専用SIMでもアンテナピクトが表示されるようになります。LTEサービスエリア内であればと限定した点に注意。

スポンサーリンク
広告 336×280

VoLTEをONにする

設定方法はいたって簡単。「設定」>「モバイルデータ通信」>「LTE回線を使用」で「音声通話およびデータ」を選択するだけ(VoLTE有効設定)。iOS 8.3にアップデートした直後に確認すると「データ通信のみ」になっていたのでさっそく変更しました。使っているSIMがデータ通信専用SIMでも「音声通話およびデータ」を選択することはできます。当然、通話はできませんが。
iOS83_VoLTE_off

変更した後、しばらく待った結果が下図。アンテナピクトが表示されていなかったのが、VoLTEを有効にすることで表示されるようになりました。おそらく、VoLTE対応に伴って何らかの理由により、データ通信専用SIMでもアンテナピクトが表示されるようになった模様。
iOS83_VoLTE_on

アンテナピクトが表示されるのはLTEサービスエリア内のみ

ここからが注意点なのですが、VoLTEが利用できないFOMAサービスエリア(3Gサービスエリア)ではアンテナピクトは表示されません。推測でしかないですが、VoLTE対応に伴ってアンテナピクトが表示されるようになったので、VoLTEが有効でないエリアでは表示されないのだと思います。
実際にLTEサービスエリアとFOMAサービスエリアでそれぞれアンテナピクトの状態を比較してみました。まずはLTEサービスエリアの場合・・・、正常にアンテナピクトが表示されています。
iOS83_VoLTE_on_LTE

続いて、FOMAサービスエリアの場合です。見ての通り、FOMAサービスエリアではアンテナピクトは表示されません。
iOS83_VoLTE_on_3G

ということで、データ通信専用SIMの方にとっては中途半端な改善でした。アンテナピクトを正常に表示したいのであれば、素直にSMS対応SIMか音声通話対応SIMに変更した方がよいようです・・・。

fujitaka

スポンサーリンク
広告 336×280