Bluetoothスピーカー ソニーSRS-X3を購入 JAMBOXと比較してみる

srs-x3
Bluetoothスピーカーを買い直しました。これまでJAWBONEのJAMBOXを利用していたのですが、今回はSONYのSRS-X3にしました。今年3月に後継機種のSRS-X33が発売され、旧機種の価格が手ごろになったタイミングを狙いました。JAMBOXとの比較をしながら紹介してみます。結論としては、1万円程度で高音質を楽しめるのでコスパはかなりいいと思います。

スポンサーリンク
広告 336×280

目次

  • SRS-X3を簡単に紹介
  • 大きさをチェック
  • ボタンは使いやすい
  • 肝心の音質は?
  • 終わりに

SRS-X3を簡単に紹介

SRS-X3について簡単に紹介すると、Bluetoothを使ってスマートフォンとワイヤレス接続できるスピーカーです。

SRS-X3 | アクティブスピーカー | ソニー

スマートフォンの普及に伴い、Bluetoothスピーカーはここ数年各社がいろいろと製品を出し始めました。スマートフォン内蔵のスピーカーよりも手軽に高音質で楽しめるので売れているのだと思います。私も主に室内で音楽やPodcastを聴くのに利用しています。
ソニーは結構前からBluetoothに力を入れており、音質重視のモデルからコンパクトさ重視のモデルまで、複数のモデルを準備しています。

大きさをチェック

ではさっそくSRS-X3について見てみます。まずは開封。サイズは185mm x 67mm x 66mmで重さは850gと、片手で持ち歩くことができます。
srs-x2_unbox
JAMBOXと比較してみます。JAMBOXのサイズは151mm × 57mm × 40mm、重さは327gですので、同じように扱うことは難しいです。少なくとも重さは2倍違うので…。
srs-x3-comparison1
持っているJAMBOXは旧製品で、現在はさらに小さくなったMINI JAMBOXがあります。とにかく携帯性を重視するならMINI JAMBOXがよいと思います。

ボタンは使いやすい

ボタンはこんな感じ。音量の”+”ボタンと通話ボタンには手で触ってわかるようにポッチがついています。これを覚えておけば電源ボタンの位置もおおよそわかるので、灯りを消している時でも手探りで電源をオフにすることができます。JAMBOXは物理的にわかりやすいボタンだったので、操作性はJAMBOXの方が上かもしれません。
srs-x3-btn

肝心の音質は?

srs-x3
ここまで書くとJAMBOXの方がいいように思うかもしれませんが、肝心の音質は断然SRS-X3の方が好みです。正直、JAMBOXは全般的にこもったような音であまり好きにはなれませんでしたが、SRS-X3はクリアでソニーらしい音に仕上がっています。SRS-X3を購入してからJAMBOXを使うことはなくなりました。

終わりに

ということで整理すると、私は自宅内でしか利用していないので、音質重視のSRS-X3はコスパのよい買い物だと思いました。逆に旅行や出張で持ち出すことを想定しているのであればMINI JAMBOXの方が向いていると思います。
尚、最初に書いたようにSRS-X3は旧製品です。後継機種はSRS-X33ですので、SRS-X3がなければよりコンパクトになったSRS-X33がいいと思います。
スマートフォンを”ちょっといい音”で楽しみたいのであれば購入を検討してもいいかと。

fujitaka

スポンサーリンク
広告 336×280