Red House Seafood Restaurantでシンガポール名物チリクラブを食らう

DSC00095
シンガポールで一度は食べてみたいと思っていたのがチリクラブです。今回は多少高価でも食べてみようと思い、シンガポールの飲屋街(?)のクラーク・キー(Clarke Quay)にあるRed House Seafood Restaurantでチリクラブを食べてきました。

Red House Seafood Restaurant | Singapore’s Best Chilli Crab

スポンサーリンク
広告 336×280

事前予約がオススメ

今回、土曜日の夕食の時間帯にお店に行ったのですが、予約なしの人は30分〜1時間程度待たされるようでした。旅行中であまり時間がないのに長時間待つのはもったいないので、事前に予約しておきましょう。
Red Houseはウェブサイトから予約できます。入力フォームから送信すると、翌日には確認メールが届きました。お店の方とやりとりするこもなくサクッと予約できます。

Reservations | Red House Seafood Restaurant

クラーク・キーからちょっと歩く

お店はMRTのクラーク・キー駅から川沿いを15分程度歩きます。クラーク・キーは夜になるとにぎやかになるので、散歩するだけでも楽しい気分になります。

そしてお店に到着。店構えはわかりやすいです。
DSC00120

チリクラブの値段を聞いておく

メニューは写真が豊富なので困ることはないと思います。ただし、チリクラブは時価と書かれているので店員に確認しましょう。時価と聞くと高い印象ですが、どうやら本当に季節によって金額が変わるだけのようです。私が注文した際はスリランカ産のクラブで70SGDでした。

ウェットティッシュがあるとベター

そしてチリクラブ!手づかみで食べます。使い捨ておしぼりをもらえますが、1枚では全く役に立ちません。ウェットティッシュがあると安心して思いっきり食らいつくことができます。最初は遠慮しつつも、スパイスの効いた味がやみつきになり、どんどん食べてしまいます。
DSC00105

サイドメニューもバッチリ

チリクラブ以外にも前菜や炒飯を注文しましたが、これもまたおいしい!2人で合計3品注文しましたが、2人だとこれで十分なくらいでした。
DSC00097
DSC00099

夜のクラーク・キーを楽しむ

食事を終えて帰る頃には日が暮れ、夜景を楽しむことができます。このままさらに他の店へ…というのも考えましたが、ホテルのタイガービールを楽しむことにしました。
DSC00129

fujitaka

スポンサーリンク
広告 336×280