ゴムパッキン用カビキラーでヤバいくらいカビが取れて驚愕

kabikiller-gum
タイトルが釣りっぽいですが、ゴムパッキン用カビキラーがすごいです…。
引越先の築年数が古いこともあり、引越した当日から窓のゴムパッキン部分に黒い汚れ…つまりはカビが発生していました。引越前のハウスクリーニングではやってくれないのか?という疑問はありつつも、自分でやらざるを得なかったのでいろいろ調べて対処しました。

スポンサーリンク
広告 336×280

普通のカビキラーは液ダレする

カビ取りにはカビキラーということで、まずはカビキラーを試してみました。が、スプレーだとピンポイントに噴射することができず、また窓の縦方向のゴムパッキンは重力のせいですぐに液ダレしてしまいました。ティッシュに湿らせるというアイディアもあったのですが、面倒すぎてすぐに挫折…。

ジェルタイプなら液ダレしない

そして調べた結果、たどり着いたのが、商品名がそのまんまのゴムパッキン用カビキラーでした。特徴はジェルタイプなので液ダレしにくいという点です。

価格は299円(2014年10月12日現在)なので、一般的な掃除用品の価格としては妥当だと思います。類似品はいくつかあるようですが高価なので、まずはこちらを試してみてからでいいと思います。私の場合はこれで十分でした。

実際に使ってみましたが、面白いくらいカビがとれます。写真は掲載しないですが、使用前と使用後の違いは明らかで思わず感動しました。細かなカビが気になっている方は、一度挑戦してみてください。

fujitaka

スポンサーリンク
広告 336×280