(はやくも)2014年の折り返し地点 2014年6月末のポートフォリオを公開

mns0009-009

半年に1回、ブログのページビューランキングと同じタイミングでポートフォリオを公開していますので今回も公開します。2014年前半は確定拠出年金の理解投資信託からより信託報酬手数料の安い株式やETFへの切り替えを行ってきました。

スポンサーリンク
広告 336×280

2014年6月末のポートフォリオ

2014年6月30日時点のポートフォリオを公開します。2013年末のポートフォリオと比べると、ほとんど変化がないことがわかります。しかし中身(銘柄)は少し変更しています。

portfolio-201406

主な銘柄

日本株式

  • TOPIX連動型投信
  • GMOインターネット
  • イオン
  • バンダイナムコホールディングス
  • ビックカメラ
  • 全日本空輸
  • 北陸電力

先進国株式

  • Vanguard Total World Stock Index Fund ETF
  • STAM グローバル株式インデックスオープン
  • eMAXIS 先進国株式インデックス
  • ステート・ストリート 外国株式インデックス

新興国株式

  • eMAXIS 新興国株式インデックス

先進国債券

  • STM グローバル債券インデックスオープン
  • 年金積立インデックスF海外債券ヘッジなし

日本株式では、STAM TOPIXインデックスオープンを全て売却し、代わりに個別銘柄としてGMOインターネットイオンを購入しました。個別銘柄の業績はあまり気にしないのですが、代わりに株主優待に着目してこの2つを選んでいます。
先進国株式では、1年間の経費が0.18%(2014年7月8日時点)と超格安なETFのVTを購入しました。VTを購入するには米国株取引となるため、購入するための手間と手数料がかかってしまいます。しかしながら慣れてしまえばすぐにできます。保有している投資信託を全てVTにしたいくらいです(実際は今売却すると利益がかなり出ているため、ごっそり税金を取られるのをなんとかしたい・・・)。

2014年末に向けて

2014年の残り半年をどう投資するか・・・と考えたいところですが、今年後半はあまり投資に回せるまとまった資金が準備できなそう・・・。定期的な投資は一時中断し、リバランスに徹したいと思います。具体的には、株式への比重が85%以上とあまりにも高いので、少しは債券に振り分けようと思います。あまりおもしろみはありませんが、そもそも投資は着実に進めるものですので。

fujitaka

スポンサーリンク
広告 336×280

コメント

  1. […] (はやくも)2014年の折り返し地点 2014年6月末のポートフォリオを公開 […]