【祭り終了】楽天銀行が年利0.50%の1週間円定期預金の取り扱い開始 新生銀行の2週間満期預金より使いやすそう

【2014/07/01更新】金利が0.5%から0.05%に引き下げられて祭りは終了しました。以下は高金利だった時に書かれたものなので注意!

rakuten-bank
とりあえず申し込んでみる!
サブバンクとして利用している楽天銀行ですが、年利0.50%の円定期預金(1週間)と、年利0.30%の円定期預金(2週間)の取り扱いを始めました。この高金利がいつまで続くのかは不明ですが、短期間で高金利なのでうまく使えば余剰資金を最大限活用できると思います。

「円定期預金(1週間・2週間)」の取り扱いを開始 | 2014年 | プレスリリース | 楽天銀行


プレスリリースには特長として3点挙げています。

<特長1>通常の円定期よりも高い金利
<特長2>短いお預け入れ期間で使い方自由
<特長3>最低お預け入れ金額は10万円以上

楽天銀行の普通預金金利が0.02%(2014年6月23日時点)ですので、金利はなんと25倍です。毎日利用する分のお金は普通預金、すぐに使わないけど1年間の円定期を組むのはちょっと・・・というお金は円定期預金(1週間)に入れておくとよいです。
これと非常に似た定期預金は新生銀行の2週間満期預金ですが、こちらは2週間満期で金利0.15%(2014年6月23日時点)と楽天銀行と比較するとかすんで見えます・・・。

これまでは余剰資金を新生銀行の2週間満期預金に預けていましたが、今回をきっかけに楽天銀行に移行しようかと思います。もうすぐ2週間満期預金の満期日ですし・・・。
1年定期だとこのようにフットワーク軽く資金を移動できませんが、1週間〜2週間であれば流動性が高く、急にまとまったお金が必要になった時も安心です。

fujitaka

スポンサーリンク
広告 336×280