2013年のANA便搭乗回数は35回 (なんとか)ブロンズサービス基準に到達

IMG_0642
年末なので2013年のANAのプレミアムポイント獲得履歴を公開してみる。今年はポイント獲得を強く意識していなかったものの、ブロンズサービス基準の30,000PPに到達した


知らない人のためにちょっとだけ補足しておくと、プレミアムポイントはANAプレミアムメンバーになるために獲得しなければならないポイント。毎年1月1日に0ポイントにリセットされてしまうので毎年基準に到達するためには常に飛行機に乗らなければならない(ANA SFCを取得して逃げることも可能)。

スポンサーリンク
広告 336×280

2013年は32,312PPを獲得

今年はANA SFCを取得する予定だったので50,000PPを目指してはいなかったものの、出張やプライベートの飛行機利用が多かったので、ブロンズサービス基準の30,000PPに到達し、最終的には32,312PPで終えた。詳細は下記の通り。
ANA-PP-2013
振り返ってみると、国内線の短距離路線だけだとプレミアムポイント獲得の効率が悪い。最も頻繁に利用した東京ー大阪は特割を利用すれば820PP獲得できるが、これだけで50,000PPに到達するには61回(30.5往復)しなければならない。それに対して宮古出張は(出張@割だからとも言えるが)合計6,244PPと一気に獲得できる。
時間があればここでもう1回OKA-SIN修行をして無理にでもプラチナサービス基準に到達できたかもしれないが。2013年は今日を入れて後3日しかないのであきらめる・・・。

2014年はANA便以外も積極的に、コスパ重視でLCCも検討

2014年も飛行機に乗ることがそこそこありそうだが、ANA便に絞らずに幅広い選択肢から選びたい。2014年は特に東京ー大阪の移動が多くなりそうだが、2013年はLCCのPeachが成田ー関空線を就航したこともあり、同じくLCCのJetstarとの価格競争で十分選択肢に入りそう。
とは言え、羽田空港のアクセスのよさとサービスを考えると、ついついANA便を利用しそう・・・。

fujitaka

スポンサーリンク
広告 336×280