fujitaka.netの表示速度を改善するために(微妙に)チューニング

先月末の記事(GTmetrixでブログの表示速度を測定したらE評価だった)から反省して、このブログ(fujitaka.net)の表示速度を改善するために微妙に調整した。

スポンサーリンク
広告 336×280

改善前

前回の記事でも紹介したが、改善する前の評価はE・・・。そして表示速度は3.25秒と3秒以上かかっていてストレスフルだった。
GTMetrix_result

表示速度の改善策

ブログの表示速度を改善するために、WordPressに関する記事を読みつつ、2つのことを改善策を試してみた。

高速化キャッシュプラグインW3 Total Cacheを導入

ブログの表示速度を改善する方法として代表的なのがキャッシュプラグインを導入すること。いろいろと調べた結果、fujitaka.netにW3 Total Cacheを導入することにした。
W3 Total Cacheを導入した結果がこちら。評価はDになった。しかし表示速度は遅くなって3.66秒・・・。
GTMetrix_cache

1ページに表示する最大投稿数を半減

表示速度が遅い原因は各記事につけているアイキャッチ画像の表示に時間がかかっているためだった。そこでそもそもトップページで表示する投稿数を減らし、取得するアイキャッチ画像を削減することにした。これまでは1ページに10件表示していたものを半分の5件にしている。
その結果がこちら。一気に表示速度が2秒を切って高速になり、評価もCまで向上した。
GTMetrix_halfpage

さらなる改善・・・?

今回の改善策で少しはまともになったものの、はてなブログなどの大手のブログと比較すると遅い感じるのは確か。これからさらに表示速度の改善ができないかは引き続き調査してみる。やるならnginxと導入するとか、さくらのVPSのプランをSSDモデルに変更するとかになるかも・・・。

fujitaka

スポンサーリンク
広告 336×280