iPad Air/iPad mini Retinaディスプレイモデルは(割と)欲しい

iPad-Air
日本時間の2013年10月23日にiPadシリーズがリニューアルされてiPad AiriPad mini Retinaディスプレイモデルが発表。事前に予想していたのと大体合っていたが、発表された製品のスペックは魅力的で、現行モデル保有者が買い替えたいと思うレベルだった。

Apple 2013年10月22日にスペシャルイベント | fujitaka.net

スポンサーリンク
広告 336×280

薄く、軽くなったiPad Air

自分はiPad 2とiPad miniを所有しているが、iPad miniを持ってからiPad 2はほぼ使わなくなった。その理由は圧倒的な重さにある。iPad 2(Wi-Fi+3G)の重量は613gであり500mlのペットボトルよりも重い。それに対してiPad mini(Wi-Fi+Cellular)は312gとiPad 2の半分。この重さが決定的となり、外出するときにはiPad miniを利用するようになり、そしていつのまにかiPad 2は利用されなくなった。iPad 2は毎日持ち歩く重量とは言えない。
しかし、今回発表されたiPad AirはWi-Fi+Cellularモデルで478gと、500gを切ってiPad miniにぐっと近づいた。実際に持ってみないとわからないが、毎日の生活で利用する上では支障がない重さになっているかもしれない。

スペックで死角がなくなったiPad mini Retinaディスプレイモデル

所有しているiPad miniはもはやiPhone 5よりも買ってよかった感が高いのだが、唯一気になるのが解像度だった。そして今回の発表で待望のRetinaディスプレイモデル!価格次第だけど、現行モデルから乗り換えたいと思うレベル。購入するならWi-Fi+Cellularモデルなので価格が発表されるまでは静観したい。

fujitaka

スポンサーリンク
広告 336×280