楽天銀行からセキュリティカードが届いた

rakuten-bank-security-card
楽天銀行から事前にメールで案内されていた、セキュリティカードが届いた。楽天銀行に口座を保有しているユーザー全員というわけではなく、楽天銀行が独自の基準で必要とするユーザーに送付しているらしい(なぜ自分が該当しているのやら・・・)。

セキュリティカード認証 | 認証強化設定 | 機能や設定方法を調べる・探す(設定と対策)(一覧)|セキュリティ | 楽天銀行

写真には載せないでおくが、セキュリティカードの裏面には6×10の合計60個の格子にそれぞれ英数字2文字が書かれている。楽天銀行によると、独自の基準でセキュリティカードに書かれている項目を2つ入力するように要求するらしい。

セキュリティカード認証は、すべての取引・サービスに必要なわけではありません。
楽天銀行にて必要と判断した重要な取引を行う際に、通常の認証方法に加えて追加認証として要求されます。
すべての取引・サービスで表示されるわけではありません。

同様のセキュリティカードを発行している銀行の中で実際に口座を保有しているのは新生銀行。新生銀行はログインする都度、入力を要求するので使い勝手が最悪だった。楽天銀行はそのようなことがないようにしてほしい。
また、楽天銀行はログインパスワード、暗証番号の他に合言葉認証やメールによるワンタイム認証も行っており、セキュリティに関してはいろいろと講じている。バリエーションが豊富なのはユーザーにとっては複雑になるものの安心できるので、こういったアップデートは継続してほしいところ。

fujitaka

スポンサーリンク
広告 336×280