ビジネスパーソンが常にカバンに入れておきたい折りたたみ傘

a1380_001400
日常的に利用しているカバンには常に折りたたみ傘を入れている。天気予報を見る習慣があまりないのと、急な天気の変化にも対応できるようにするためだ。ここ数年、いろいろと折りたたみ傘を調べて試してみたが、その結果、常用している2本+試してみたい1本を紹介する。

スポンサーリンク
広告 336×280

totes TITANIUM REINFORCED UMBRELLA

totesの傘は現在使っている傘で、これで2本目。

特徴を3点挙げるならこんな感じ。

  • ワンタッチで開くことができ、またワンタッチで閉じることもできる
  • 折りたたみ傘なのに直径98cmの大きさになるので雨に濡れない
  • 作りがしっかりしていて風が強くても安心できる

欠点は少し重いということ。重量は315gなのでカバンに入れていると少し気になる。

ウォーターフロント カーボンUV

totesとは対象的であらゆる機能をそぎ落として98gという軽量にした傘である。

開閉は一般的な折りたたみ傘のようにやや面倒さがあるものの、100gを着る傘はカバンに入れていても存在感が全くない。晴れることがわかっていても念のため入れておくのにオススメ。また、旅行の際にもいざという時に使うことができる。ただし、大雨の時は多少濡れることを覚悟しておきたい。

Knirps FiberLine X1

最後はドイツのメーカーKnirps社の折りたたみ傘。こちらはまだ使ったことはないものの、次に購入するならコレにする予定。

直径94cm、重量285gとtotesの折りたたみ傘より一回り小さいがコンパクトさがよさそう。Amazonの評判が気になるところ・・・。

fujitaka

スポンサーリンク
広告 336×280