iPad miniとAmazon Kindleストアで漫画を満喫する

Kindle on iPad mini

年末年始にKindleストアを眺めていたら漫画がたくさん購入できるようになっていることに気づいた。購入できる漫画のタイトルを眺めつつ、実際に購入してiPad miniで読んでみたのでその体験を紹介する。

購入できるタイトル

AmazonのKindleストアの中から、デジタル版で買ってもいいかなーと思ったタイトルを列挙してみる。最近はほとんど漫画を読まなくなったので、自分がチェックする漫画はほとんど10年くらい前のものが多い。検索してみるとかなりのタイトル数がデジタル版で購入可能になっており、自分にとっては1年遅れの電子書籍元年と言える。

検索してみつからなかったタイトルでいうと、「SLAM DUNK」「テニスの王子様」「CITY HUNTER」など。これらのタイトルは購入になったらすぐに買いそう・・・。

※「テニスの王子様」はKindle版が購入可能になっていた!

実際にKindle版を購入してみた

Kindle版の購入方法は恐ろしいほど簡単である。事前にiPad miniにKindleアプリをインストールしておき、Amazonで支払い方法を設定しておけば、後は購入ページで配信先を選択し「1-Clickで今すぐ買う」をクリックするだけ。後は配信先にダウンロードされるのを待つだけである。

Amazon Kindle Store

この1クリックで購入できることが素晴らしい。漫画だとどんどん次を読みたくなるので、すぐに次巻を購入したくなる。次巻を購入するまでの煩雑さを極限までシンプルにしているあたりは、さすがAmazonと言える。

iPad miniで漫画を読む

実際にiPad miniで読んでみたが、iPad miniは漫画を読むのに最適なデバイスだと思った。iPadは大きいし重いので持ち運びが困難だし、iPhoneは画面が小さいので漫画を読むには小さすぎる。7インチのiPad miniは実際の漫画とほぼ同じサイズであり、かつ、長時間片手で持っていても疲れない。7インチタブレットが普及すれば本格的に電子書籍が普及するはずだと思う。

また、紙媒体の代わりにデジタル版の漫画を購入することで、本棚のスペースを大幅に削減できることも大きなメリット。自分の場合、漫画はスペースを取るという理由で一人暮らしをしてから漫画を買わなくなった。デジタル版の場合はスペースは全く気にしなくてよい。たとえiPad miniの容量がいっぱいになってもAmazonのクラウドで管理されているので、容量無制限。お金が続く限り買ってしまいそうだが、それくらいiPad miniとAmazon Kindleストアはインパクトが大きいものに感じた。

fujitaka

スポンサーリンク
広告 336×280